ウィッグの寿命もお手入れ次第?ウィッグを長く使うための秘訣!

ウィッグを利用していて困ることとの1つに、ウィッグの寿命の問題があります。オシャレアイテムなので、ウィッグの見栄えが悪くなってしまえば、新しいウィッグに買い換えるしかありません。せっかく買ったウィッグだから出来るだけ長く使いたい方向けに、そのお手入れ方法を紹介したいと思います。

ウィッグが長持ちしない理由とその対策方法

ウィッグを長持ちさせるために必要なことは、まず、こまめなブラッシングを怠らないことです。使用前と使用後のブラッシングは、かかさずに行った方が良いでしょう。使用前のブラッシングで気をつけることは、ウィッグが絡みにくいように十分にとかすことです。使用後に気をつけることは、絡んだウィッグがあったなら、絡みが解消するまでブラシで十分にとかすことが挙げられます。

ウィッグが使用出来なくなる最大の理由が、人工毛の絡みと傷みなので、まずその絡みが深刻になる前のケアが必要ということです。ウィッグ専用のオイルスプレーなどもあり、ブラッシングする前に、ウィッグに吹きかけておくと、艶のある滑らかな髪質を保てます。次は、ウィッグの傷み対策に関してですが、これはシャンプーなどで洗うことで解消出来ます。とはいえ、ウィッグは繊細なため、洗面器などに、シャンプーなどを溶かしたぬるま湯を用意して、手で丁寧な押し洗いを心がけて、ウィッグを傷つけない工夫が必要です。

洗った後のウィッグは、自然乾燥を心がけて下さい。ドライヤーを用いたり、タオルでぬぐって水気を取るなどの行為は、ウィッグを傷つける可能性があります。シャンプーなども、人工毛向けの成分が調合された専用品があるため、そちらを使ったほうがウィッグの傷みも改善します。

人気ウィッグのトレンドガイド

チャレンジしてみたい、ウィッグのテカリを簡単に改善する方法

ウィッグには、様々な種類があります。その中でもフルウィッグは頭にすっぽりかぶせられ簡単ですし、小物などでアレンジしても素敵ですが、その日のファッションによって自分でアレンジすると、よりオリジナル感がでます。自分の髪の毛をいじるのではなく、置いて作業ができるのでコテやヘアアイロンやカールを使う時は誰にでも簡単にできます。